写真館の証明写真は照明が違う

2021/04/01 証明写真
 自販機式の証明写真ボックスと写真館の違いは接客にある……という記事を前に書きました。そのほかにもう一つ、決定的な違いがあります。それは照明です。

 写真は光を当てれば写ります。問題はその光の質と当て方です。写真スタジオのライティングは、太陽光に近いストロボ光を大きな面積で照射するのが特徴です。デジタルカメラの内蔵ストロボや直結型の小型ストロボとは光る面積が違います。

ストロボの比較
【左からカメラ内蔵型、外付け型、スタジオ用各サイズ】

 どのくらい面積が違うかというと、数百倍から数千倍。アマチュア用のストロボでは強い影が出ますが、スタジオ用のストロボでは強い影はほとんど出ません。出てもグラデーションのある柔らかい影です。

 人物を撮るときの光源の幅は、肩幅の約2倍は必要とされています。体の左右から光を回り込ませるためです。このくらい大きな光源でないと、体のどこかやスクリーンに不自然な強い影ができやすくなります。

 影はただ消せばいいというものでもありません。全く無影のフラットな光では、メリハリや立体感のない写真になりがちです。顔や体の左右に明暗差があってはじめて立体的な写真になります。そのためには大きな面積の光源が2つは必要です。

 さらに頭や肩が丸くて厚みがあるのを表現するために、上からのライトも重要です。つまり大きな面積の光源が3つ揃うことで、写真スタジオらしい照明になるわけす。

 ディノでは、この全身を撮影する照明設備を使って、証明写真を撮影しています。しかも熟練者がアドバイスしながら多ショット撮影します。

 アマチュア用のデジカメやボックス型の証明写真機と写りが違う理由をご理解いただけたでしょうか?

証明写真のページはコチラ

2021/03/05(金)新しいスタート

今日は二十四節気の一、啓蟄、
冬ごもりの虫が地中から這い出る頃ということで、春の訪れを感じる雨と暖かさです。

このところ、コロナによるリストラからの就職活動での履歴書写真撮影が多い。
年齢層も色々、お話をしていると総じて明るく前向きなんですね、皆さま

今まで気付かなかった事に気がついたとか
価値観が自然に変わった自分を見直したとか
当たり前と思っていた日常に感謝の気持ちが芽生えたとか

色々、話してくださるのですよ。

撮影してから、写真の選別で盛り上がって、
「楽しかった」の一言が嬉しい。

新しいスタートに拍手。
春だもの!

人が撮影した証明写真が違うワケ

2021/02/20 証明写真
近頃はなんでも機械化・セルフ化で、人の手を経ずに済ますようになりました。セルフ式でないガソリンスタンドは、とんと見かけません。証明写真も同様です。セルフ式は値段もそこそこ安いしね。

それでもディノに証明写真を撮りに来られるかたは後を絶ちません。やはり人の手で撮られた写真は、ボックス型の機械式とはひと味もふた味も違うからのようです。そのわけは接客にあります。

証明写真の撮影ステップ

まず店に予約を入れます。修正などのオプションが要らなければトツ来でも構いませんが、ほかのお客様がご利用中は少しお待ち願うことになります。えっ、スマホじゃなくてパソコンから予約は古いって?(パソコンの人もいるの!)
証明写真のご予約 証明写真の受付・カウンセリング
ご入用の証明写真の種類やサイズをお伺いします。証明写真を貼り付ける書類を持参してもらえればスタッフが確認します。サイズの思い違いや規格が不確かなど、間違いのもとになるケースが結構あります。

ヘアメイクやフォトメイクはオプションです。ご希望のかたはお申し付けください。
証明写真のヘアメイク(オプション) 証明写真の撮影
一発勝負の撮影はお客様が緊張してよい表情で撮れません。お顔の傾きや顎の引き具合など、スタッフが声をかけながら何カットも撮影します。機械ではできない、人の接客でこそなせるワザです。

多ショットのカットの中から、モニターでお客様が気に入った画像を選んでもらい、実際のプリントイメージを確認します。画像修正をご希望の場合は、ここでうかがいます。
証明写真のセレクト 証明写真のプリント
ご希望の枚数をプリントします。4枚1組のときはすぐにお渡しできますが、枚数が多い場合や画像修正をご希望の場合は多少のお時間を頂戴します。

以上、証明写真の撮影ステップを紹介させていただきました。料金体系やキャンペーン内容は公式サイトでご確認ください。

証明写真のページはコチラ